刺青除去 クリニック比較ランキング
刺青除去 > 刺青除去の基礎知識 > 施術の間隔はどの程度開けるべきか

施術の間隔はどの程度開けるべきか


小さな刺青だとしても2~3ヶ月の間隔が必要

肌に対して負担をかけることが無く、なおかつ傷跡が目立ちにくい仕上がりに出来ることで現在の主流となっている治療法がレーザー除去法です。

ただしレーザー除去法は即効性という面では強い期待を持つことが出来ず、色素を破壊して元の肌を取り戻すためには2~3ヶ月の期間が必要となっています。

皮膚の組織が再生されるまでの間は新しいレーザー治療を行うことが不可能であるため、連続してレーザー治療を受けることは出来ず、治療と治療の間には最低でも2ヶ月の間隔が必要です。

特に日本人の場合には、メラニン色素が多いことが原因でレーザーに過剰反応を起こす可能性も高く、適切な間隔を設けなければケロイド等の後遺症を残してしまう恐れもあります。

除去にかかる期間は刺青によって異なりますが、3回程度のレーザー治療を受けることが一般的であるため、治療が完了するまでには早くても半年以上の期間を要することになるでしょう。

即効性を求めるなら切除法を選択する手もある

治療に間隔を開けることなく、なるべく早く刺青を除去したいという場合には、レーザー除去法の選択を諦めて、切除法による治療を選ぶという道も残されています。

切除法は刺青が入っている部分の皮膚をメスによって切除し、その周辺にある皮膚と縫合して刺青を除去するという手法を用いるため、即日中に治療を完了させられる可能性のある手術法です。

手術跡が残ってしまう場合がありますが、レーザー除去法と比較して確実に刺青を除去できる治療法としても知られており、即効性に加えて確実性も兼ね備えています。

ただし即日の治療を期待できるのは範囲の小さな刺青だけに限られてしまい、広範囲の刺青を除去するためには複数回に渡る治療が必要となるため、その場合にはやはり2~3ヶ月の治療間隔が必要です。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

刺青除去の基礎知識

刺青の種類

エリアで探す

ページトップへ戻る
サイトマップ