刺青除去 クリニック比較ランキング

刺青除去後の傷跡


刺青除去後の傷跡
刺青を除去した後の傷跡はどのようになるのでしょうか
刺青除去には、レーザーによる方法と切除による方法があります。
どちらも肌が刺青を入れる前の肌に戻ることはなく、色の違いや肌の凹凸、縫い跡などの何らかの傷跡が残ります。

レーザーの場合
レーザーはメスを使わない除去法ですが、それでもレーザー照射後には皮膚に変化が生じます。
レーザーを照射すると刺青の色素が破壊されそれが体外に放出されるまで2,3ヶ月の期間が必要です。
この期間中は色素沈着が起こりやすいので短期間でレーザー照射を繰り返すと、色素脱失といって、照射をした部分の肌の元々の色素までが抜けて白くなることがあります。
その他にもレーザー照射後、患部を修復しようとして繊維組織が過剰に作られミミズバレ状態になる肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイドが出来てしまうことがあります。
レーザーで治療をする場合は、医師の指示を守り照射間隔を適切に開けることが大変重要です。
また治療中は紫外線を直接浴びることによっても症状を悪化させることがあるので注意が必要です。

手術の場合
刺青を除去する手術には、切除法、植皮法など刺青の大きさによって色々な術式があります。
どの術式も切開し、傷を縫合するので傷跡は必ず残ります。
傷跡の残り方は、丁寧な切開、縫合、術後のケアの仕方で変わってきます。
病院選びをする時は、技術の高い医院を探すことがポイントになります。
一般的に治療後3~6ヶ月経てば、傷跡は薄くなっていきます。

手術跡のケアの仕方
手術の傷跡を少しでも目立たなくする方法にテーピングがあります。
傷跡に垂直になるようにテープを貼り、さらにその上からリストバンドなどで固定することによって、縫合した傷跡が引張られて伸びるのを少しでも防ぎます。
こうすることで、縫い跡の太さを少しでも細くすることが出来ます。

顔や首などの部分はリハビリ・メイクで隠すのも一つの方法です。
病院によっては、指導を受けられる場合もあります。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ジョウクリニック
(全国で5医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

JOEクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと、「公共の施設に行けない所がある」、「子供の将来のため」、「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」、「結婚相手の親に一生隠さないといけない」、「嫌な事、悪いことを忘れるため」、「飽きてしまった」とさまざま。 また、「できるだけ早く消したい」、「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • 最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入!
  • 治療実績は安心の2,400例以上
  • 世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医による満足度の高い治療
  • 美容外科の専門医による安心のアフターケア
  • 女性は希望によって女医が担当することも可能なので安心
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

刺青除去の基礎知識

刺青の種類

エリアで探す

ページトップへ戻る
サイトマップ